コピーライティング力(=文章で相手に伝える力)の土台

ネットビジネスを勉強した教材 → こちらの記事

 

よく言うコピーライティング力ってテクニック論が多いみたいです。

 

 

テクニックはもちろん重要なんですが
それだけじゃ絶対売れるものは書けるようにならないみたいです。

 

 

うわー、難しそうな匂いがプンプンします(笑)

 

 

テクニックより土台が大事みたいですよ。
よく聞く感じですよね、基本がしっかりしてないとダメだ的な。

 

 

この土台作りってのに重要なのがリサーチみたいです。
おっと面倒くさそうな感じです。

 

 

媒体メディアチェックするってこと必要みたいです。

 

 

アマゾンとか楽天市場のレビュー見た方が良いみたいですよ。
そういうとこからどうやって書いたらいいかを学ぶようです。

 

 

あと、雑誌調査も大事みたいです。
で、本屋行ったほうが良いと。

 

 

雑誌は広告費で成り立っているみたいですから。
で、広告が出てるってことはお金が動いている市場だってことらしいです。

 

 

だから、お金が動いている市場だったらコピーライティング力があれば
何でも売れるようになるみたいです。

 

 

まあこれはコピーライティング力ありきの話っぽいですけど。

 

 

次は直接対話でのリサーチみたいです。
狙ってる市場にいる人と直接話すということです。

 

 

うわー、しんどそうですね。
とにかく生の情報を集めるということです。

 

 

自分が狙ってる市場の人と同じ生活してみるって
リサーチ法もあるみたいですよ。

 

 

超面倒ですよね(笑)
やっぱ大変だな土台作り。

 

 

でも、面倒なことが他の人と差をつけるチャンスです。

自分が面倒と思ったことは他の人も面倒なんですから。

 

 

僕はそう思ってます。

 

 

体験したことっていうのは何よりも記憶に残るし
重要なデータとなるみたいですので。

 

 

そらそこまでやったら重要なデータでも取れなきゃ割り合わないと感じますけど。

 

 

ここで言う重要なデータというのが
その生活してた時に何か購入する時に反応した言葉とかが
後に生きるみたいですね。

 

 

まあー、圧倒的に時間かかるみたいですけどね。
僕はここまで出来るかって言ったら厳しいですけど
やる価値は十分あるのかなと。

 

 

売れる文章というのは狙ってる市場の住人が反応をする言葉を蓄積し

散りばめるのが重要でとにかく反応させるってことが最重要課題だなと感じました。

 

 

いやー、ここまで自分に出来るかは不安ですけどね。
でもコピーライティング力を身に付けたかったらやるしか無いと思います。
まあやれば絶対得るものは大きいはずですから。

 

 

ちょっと道のり長くて今は大変だなって意識が強いですけどね。

やるっきゃないと言い聞かせてます。

 

わかんないことあったら

お気軽にご相談下さい → ザッタへのメールはこちらから

«  コピーライティング力(=文章で相手に伝える力)の土台  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。