稼ぐ仕組みの本質

 

今日はマーケティングについて話しますね。
これ、インターネットビジネスでは重要です。

 

 

 

一言で言うと

マーケティングとは稼ぐ仕組みであり売り込みのことです。

 

 

 

他の言い方をすると
稼ぐにはどうすれば良いのだろうか?
売るためにはどうすれば良いのだろうか?を

 

考えて実践することがマーケティングです。

 

 

 

それは市場調査や広告も含まれます。

何故マーケティングするのかって言うと売り込むためですね。

相手がどうしたら買ってくれるのか?

 

 

 

買ってもらうための作戦であり

売るための作戦でもあります。

 

 

なので、ビジネスはマーケティングが
全てであると言っても過言じゃないです。

 

 

 

まあ、売れなきゃ何にもならないですから。
ビジネスはボランティアではないんで。

 

 

 

ビジネスは利益出してこそです。

利益を出せないとビジネスとは言えないですから。

 

 

 

だから、売れなきゃ困りますよね。
頑張って売ろうと思ってるのに。

 

 

 

こういう時にマーケティングが大事なんです。

 

 

 

市場調査してターゲットを絞って

オリジナル商品を作って広告する。

 

 

これがマーケティングの一連の流れですかね。

 

 

必須ですよね、売るためには。

黙ってたって物は売れないですから。

 

 

 

自分で戦略持ってアピールしてかなきゃダメです。

攻めの姿勢が大事です。

 

 

 

時には勢いで出した商品が
勝手に周りで騒がれて
別にマーケティングしなくても
人気になったって例もありますけどね。

 

 

でも、これはあくまで例外だと思います。

 

 

物を売るにはマーケティング力

売り込む力が欠かせないです。

 

 

 

一番は自分独自の

マーケティングシステムを作ることですよね。

言うなれば売るための環境整備です。

 

 

 

これは商品と自分の価値高めつつ
より良い広告手法を試行錯誤し
相手に認めてもらうということですね。

 

 

 

マーケティングは相手に買ってもらうために

相手に認めてもらうためにすることです。

 

 

 

これがマーケティングの本質だと思います。

«  稼ぐ仕組みの本質  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。