無料オファーの光と影

2012 5月 24 日記 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

 

突然ですが、無料オファーって登録したことありますか?

そもそも無料オファーって知ってますか?

 

 

無料オファーとは
名前とメールアドレスを登録すると
無料とは思えない情報を提供してくれるものです。

 

 

何で無料でそんな事すんのかって考えたことありますか?

 

 

答えは
無料で登録してもらった時やその後に
もっと良いと思わせるだけの商品を売り込むためですね。

 

 

その入口を広くするための無料オファーです。
当たり前ですよね、ビジネスですから。
ボランティアでやってる訳ではありません。

 

 

それが嫌だって人もいると思います。
売り込みですから。

 

 

この無料の気に入ってくれたなら
この有料のはもっと良いので買って下さいと。

 

 

確かにウザイ部分もあります。

 

 

でも、ちょっと考えてみてください。

 

 

無料なんですよ。
素晴らしいと思える情報が。

 

 

だから売り込まれたくないから

全部無視するっていうのも

違うかなと思いますね。

 

 

 

無料オファーを仕掛ける側も
1人でも人を惹きつけ登録してもらうために
無料とは思えない情報やツールを
提供してくれることもあります。

 

 

 

要は、自分に必要か必要じゃないかを

しっかり考えて登録する、しないの

判断をすれば良いんです。

 

 

 

必要だったら無料だけの情報を
まず登録して手に入れる。

 

 

 

そして、しっかり見て判断すること。

 

 

 

これは良いとか、なんだこれとか
色んなパターンあると思います。

 

 

 

 

そうすることにより

次売り込まれるであろう商品の

期待値も測れると思います。

 

 

 

無料でこんだけ良いのに
有料だったらどんだけすごいんだろうとか
もう無料ので十分だなとか。

 

 

 

こんなの無料でもいらなかったなとか
こんなんじゃ有料のになんか期待できないなとか。

 

 

 

こういうこと考えて出来ると強烈な売り込みに流されて
勢いで買っちゃうみたいなこと無くなると思います。

 

 

 

相手は売り込みのプロですからね。

気を抜くと今必要じゃなくても買っちゃいます(笑)

そんぐらい魅力的に売り込むのが上手い人いますから。

僕も経験あるんでよくわかります。

 

 

 

途中で考えること止めたら
流されて買っちゃいますよ。

 

 

 

それは止めた方が良いですよって話です。

 

 

 

ただ、勘違いしてほしくないのは

買うのがいけないわけじゃないんですよ。

流されるのがいけないんです。

 

 

 

すごいメリット一杯あって良さそうと思って買ってみたけど
結局は利用しきれず後悔みたいなことになっちゃいますから。

 

 

 

例えば

無料の後に有料でさらに素晴らしく見える

商品を紹介されたとします。

 

 

 

この場合に果たしてそれが本当に自分に必要なのかと
しっかり考えた方が良いということです。

 

 

 

目に見えている言葉や画像に
自分重ねて踊らされてないかなと。

 

 

 

今から24時間限定とか3日間限定みたいな

言葉にとらわれて思考停止して買わなきゃ

損しちゃう、こんだけ薦めるんだから

間違いないだろうと思い込み、購入。

で、買っただけで終わる・・・。

 

 

 

思い当たることありませんか?
僕は少なからず経験あります。

 

 

 

こうなってほしくないんで
お伝えしときます。

 

 

 

たとえ
売り込んでるように見えなくても
売り込まれてますからね。

 

 

 

売り込みが良い悪いとかの話じゃないんですよ。

ビジネスですから売り込みは当然です。

まして相手は売り込むプロです。

こっちが構えないと簡単に流されます。

 

 

 

価格以上の価値あるように紹介しますからね。
もちろん価格以上の価値あると思って
販売してる人がほとんどでしょうけど
中にはアレって感じな人もいます。

 

 

 

その価値をあなたも理解し

あなた自身で活用出来るかどうかですよ。

高いけど良さそうとか安いから買ってみようは

価値を感じてないですよ。

 

 

 

高いけど良さそう、安いから買う。
99%失敗します。

 

 

高いけど良さそうじゃ弱いです。

 

 

高いけど倍以上の価値があり
今この状況の自分に必要なものだ。

 

 

このぐらいの考え持たないとダメです。

 

 

安いから買うも同様です。

こんなに価値あるのに安く
しかも今の私の状況にぴったりだ。
このぐらいの意識で買わないとダメですよ。

 

 

よく自分に置き換えて考えて買ってない人に限って

買ったあとで全然結果でなかったとか

文句言ってやらないで諦めること多いです。

 

 

 

購入は自己責任ですから。
売り手が勝手にクレジット番号入力したり
銀行振込するわけじゃないですからね。

 

 

自分から考えることを止めて

いい言葉だけ鵜呑みにして

買った時点で、あなたの責任なんです。

 

 

 

これは無料オファーに限った話じゃないですが
相手の言葉を信用し鵜呑みにして
思考停止させないでほしいなと思います。

 

 

 

絶対的商品購入基準は1つです。

相手の言葉ではなく、自分の状況です。

本当に今の自分に必要なのかどうか

これのみを突き詰めて考えてください。

«  無料オファーの光と影  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。