完璧主義者は要注意!

2012 12月 15 マインド 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

こんばんは、ザッタです。

 

タイトル通りです。
稼げませんから、完璧主義者は。

 

なぜなら、完璧を求めるあまり行動が遅くなるからです。

そして稼ぎとは直接関係のないことにのめり込むからですね。

 

完璧主義者っていうのは
参加する活動が重要度の低い活動や娯楽であっても、
自分なりの最高峰・理想を作り追い求める傾向にあります。

 

で、自身の理想に追いつけず、妥協も出来ないまま悩みとして抱え込むケースも多いです。

 

例えば
ブログ作ればテンプレートデザインに凝ってみたり
ブログ記事書いたり、メルマガ書いたりもそうなんですけど
自分が100%満足するまで考えて書けないと発行しないってなったら
24時間あっても足りないですよ、ホントに。

 

というか発行できないです、そうなったら。
面倒くさいが、やる気を上回ってきますから。

 

完璧なんてあくまで自己満足ですから、そもそも求められてるかってことなんですよ。

 

本当に考えるべきは他者満足であり

こっちで全て判断できるものじゃないですから。

 

考えれば考えるほど
読みなおせば読みなおすほど
こっちの表現の方がいいんじゃないかなとか出てきますし。

 

あと、完璧主義の人間には、先延ばしの泥沼に落ち込んでしまう人もいます。

 

「完璧にできるようになるまで人前で(評価する人の前で)見せたくない」

「全て完璧な形に出来ないと○○に参加したくない」などという思いにとらわれて

最初の一歩が踏み出せないんですよね。

 

その結果として経験や練習することが少なくなり、なかなか技量が上がらず、

本当の実行の段階には永久に移れない、といった

最初はやる気あるのに完璧を求めるあまり、逆にやる気がなくなるんですよ。

 

また、他のもっとおおらかな人たちが、たとえ質が低くても気にせず

気軽に第一歩を踏み出し、失敗することすら楽しみながら経験を重ねて、

結果として無事に技量を上げてゆくのを、完璧主義者は指をくわえて眺めつづけて、

自分自身を責めることになることも多いです。

 

あの人、良いなぁとか
あの人は頑張ってるのに俺なんで出来てないんだろうとか
人と比べる必要はないと思うんですけど比べて自分を責めて
結局、落ち込んで何もやる気なくなるんですね。

 

またその意識ゆえに、自己の成し遂げた仕事等に過度な評価を求める傾向が比較的ありますね。

 

評価が返ってこなかったら

何で返ってこなかっんだろうとか考えるんじゃないんですよ、完璧主義者は。

 

本人は、完璧に考えたつもりなんで
評価が返ってくるのが当然みたいなスタンスなんですよ。

 

これが大きな間違いですよね。

 

だから、より落ち込むんですよ。
完璧に考えたつもりなだけに、余計。

 

自己評価が高い仕事しても

他者評価が高いとは限らないですから。

他者評価が低かったら仕事としてダメですよね、仕事なんですから。

 

完璧主義者は

自己評価を高くする傾向にありますから。

 

他者評価を高くすることを考えなきゃダメなんですよね、ビジネスは。

 

じゃあ、今度は
他者評価を高めようと完璧を求めるんですよ。

 

そしたら、また行動できなくなるんですよね。
他者評価ってどう高めるんだろうって考えるだけで。

 

堂々巡りします、完璧主義者は。

 

実際には、人間の人生にはどうやってもできないことは多々あり

そういう場面では、自分にはやれないということを

理知的にも心理的にも受け入れることが大切であり

大半の人はそれをうまく受け入れることで精神的・物理的な破綻を回避しています。

 

ところが、完璧主義者はそれを受け入れることができず

自分で自分を心理的に追いつめていってしまい

責任の転嫁や逃避といった、言動や行動としても破綻してしまう傾向が強いです。

 

ですから、根本的に
稼げてなくて完璧主義者に思い当たるんなら
完璧主義者を辞める努力をしましょう、損するだけです。

 

ではでは。

 

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。