失敗はデータとしてアウトプット

2012 11月 11 マインド 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

お疲れさまです、ザッタです。

 

今日は失敗に対する
ザッタの考え方を話したいと思います。

 

何か新しいことに挑戦してる時に

1回失敗したらすぐに諦めがちになりませんか?

 

もしそうなら
1度の失敗で諦めるのはもったいないですよ。

 

その失敗をデータとしてアウトプット
できれば、失敗と思わずに済みますから。

 

だから、失敗することもある。
けど、新しいデータになったと
ポジティブに考えれると諦めずに済みます。

 

失敗のアウトプットの方法は

何でも良いと思うんです。

 

無料ブログやツイッター
フェイスブックなど外に発信する方法も
ありますよね。

 

そういうの恥ずかしければノートに
記録すれば良いです。

 

要は何かに残しておくことですね。

書くことで、より頭の中にも入りますから。

 

じゃないとすぐ忘れちゃいますから、書いて残しとかないと。

 

せっかく良いデータが取れたのに

残しておかないと損ですからね。

 

残しとかないと

また同じ失敗しちゃうかもしれませんし。

 

なので、ザッタはしっかり書いて記録に残してます。

 

前は失敗は恥ずかしくて

嫌なことだと考えてたので

忘れようとしてました。

 

けど、その失敗を外に発信することで
誰かの役に立てることもあると知りました。

 

なので、失敗を忘れようとするのは

違うし、もったいないなと気付かされました。

 

普通は誰も失敗したくないし
恥ずかしいし、嫌だと思うんです。

 

でも、それを乗り越えた先に
成長があると思えるようになりました。

 

もし新たなことに挑戦して失敗しても
データとして忘れず残すべきです。

 

次にどこかで活かすこと出来ますから。

 

極端な話、1度の成功で

例え10回失敗してても

取り返せますからね。

 

だから、失敗はデータとして残し
成功へつなげれば良いんです。

 

失敗が最悪の結果じゃないと思います。

 

失敗して諦めて
途中で投げ出すことが最悪の結果です。

 

まあ、失敗も成功も行動の結果ですから。

 

失敗しても行動起こしただけ
何も行動しない人より抜きん出たとか
自分を褒めれば良いと思います。

 

失敗も自己成長です。

 

失敗も経験値アップですから。

成功だけがレベルアップの手段じゃないです。

 

失敗は悪ではないと。
失敗を受け入れて力に変えましょうよって話です。

 

そうザッタは失敗した時に考えてます。

 

ではでは。

 

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。