勘違いしてた投資の考え方

2012 4月 30 マインド 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

投資について学ぶ機会があり
ちゃんと投資とはという感じで学ぶのは初めてでした。

 

 

投資ってこういうことだろうなって考えはありましたけど
学んだことにより僕が今まで考えていた投資は
いかにギャンブル性が高かったかを痛感しましたね。

 

 

そもそも投資は短期的な行為ではないし
ギャンブル的なものでもいけないということ。

大儲けしようとして行う行為は投資ではなく
ギャンブルであるということ。

また、投資は損をするようなことでもないし
安く仕入れて高く得る行為でもない。

 

 

投資の考え方は絶対にお金を損しないということ
これを間違ってはいけないということでした。

 

 

全く僕の思ってた投資とは考え方が違いました。

 

 

まず投資の考え方として原資の確保が重要だそうです。
で、その原資を年利の良い所で運用する。か、ビジネスに投資する。

 

 

投資するなら資産に投資しなければならない
負債を資産だと勘違いし投資すると支出が増えてしまう。

 

 

投資の成功条件
■まとまった額の原資を用意する
■損をしないことを第一に考える
■積極的な人は15%~20%の利回りを目指す
■そうでない人は7%前後の利回りを目指す

 

要はお金を増やそうと何かにお金を投資した場合

1年間で投資額の7%ぐらいは上乗せして増やしていきましょうよって話です。

 

 

まとまった額にどんどん上乗せしていくという考え方なんだと知りましたね。
長期スパンで考えなくてはいけないんだと。
何年計画、何十年計画を見越さなければならないということです。

 

 

それを待てないからギャンブル性の投資をしてしまうのだろう。
そして、失敗する人の方が圧倒的に多いのだろう。

 

 

よく損することばかり考えたら投資なんて出来ないというが
投資は損しないことが前提なんだから正しくないなと。

 

 

損するリスクが高い場合は投資でなく投機と呼ぶようです。

 

 

損する可能性の低いものにお金を入れ
確実に資産を増やしていくのが正しい投資なんだと学びましたね。

 

 

ただ、投資って言葉が浸透しすぎて使いやすいから
何にでも使われてるんだなと改めて思いました。

 

 

一発逆転するためにこれに投資したって話を聞いたりしますが
これはもうギャンブルだからリスクが高すぎるということですよね。

 

 

リスクの高すぎるものに多額のお金を突っ込むのは投資ではなく
ただのギャンブルなんです。

 

 

何かでお金を増やそうと考える時は
しっかりとリスクと成功する可能性を天秤にかけた上で判断しなきゃダメです。

 

 

あと、ブレないやる気というか折れない覚悟を持続させることです。

 

 

最初はあるんですよ、やる気も覚悟も。

ただ、だんだん無くなってきます。

壁にぶつかるごとに。

 

 

だから、記録に残した方が良いですよ、こういうのは。

出来れば手書きが良いですね。

で、よく目につく壁に貼っとくとかすれば良いと思います。

 

 

頭の中だけだと忘れますよ、マジで。

薄れるんですよね、頭の中だけだと。

 

 

だから、たまに見て思い出すんですよ、最初にした覚悟を。

そしたら、また頑張れます。

こう思ってたなと。諦めるのはまだ早いなと

 

 

どんなものにもリスクはあります。
リスクに対する考え方は絶対持っといた方がいいですよ。

 

 

今日から価値と言うよりも魅力に負けてお金を投資することは
絶対に止めようと深く考えさせられました。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。