人が商品を買う時の気持ち

なるほどっと思たこと。
言われればなるほどなと。

 

 

なぜ、人がそれを買うのかというと、『良いと思うから買う』ということ。
決して、「良いから買う」のではないということ。

 

 

同じように、「安いから買う」のではなくて、『安いと思うから買う』のである。
結局、人の購買行動を促しているものは、「商品そのもの」ではなくて、『人の心』なのだということ。

 

 

だから、人の心が読めない人は
どんなに素晴らしいノウハウやツールをたくさん仕入れてもうまくいかない。

 

 

説得力のある言葉です。
人の力や道具に頼りすぎてはいけないと。

 

 

では、人の心を読めるようになるにはどうしたらいいのだろうか・・・。

 

 

 

答えは本を読むということで、そうして思考の幅を拡げていくということです。

 

 

人の心を読むという行為は、相手側の「思考回路に入る」という事に他ならないと言っていた。
この基礎が出来ていない人は、読みが浅いがために、行動もすぐにマンネリ化していく。

 

 

行動のマンネリ化、わかるわーって感じでした。
作業のルーティン化に安心しちゃって
楽しくも、面白くもない同じこと繰り返すんですよね。

 

 

作業してるんだから問題ないだろうと。

 

 

作業のルーティン化が全部悪いんじゃなく
作業ルーティンの他に新しいことにも挑戦しなくてはいけない。

 

 

毎日同じことだけするのは良くない。

 

 

なぜならそれは自分の成長につながらないから

 

 

僕は本読んでなかったなと、基礎が出来てなかったんだと。
最近は本に対して価値と魅力が倍増しました。

 

 

本読んで学んだことを自分に落とし込み、現場に有効に吐き出す。
これの繰り返しなんだろうなと思った。

 

 

1,本読むだけじゃ意味はないと。
2,そこから自分に応用できないかを常に考える。
3,学んだことをしっかり現場に吐き出す。

 

 

今までは読んで満足だったのを
これからは2,3をしっかり意識し実践しようと
考えを改めさせられましたね。

«  人が商品を買う時の気持ち  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。