メールで気持ちの伝え方とは

2012 5月 19 日記 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

 

気持ち伝わるようなメール書いてますか?

 

 

 

気持ち伝えるなら手紙を書くように
メールを書かかなければいけません。

 

 

 

相手を意識して一文ずつ
こう書いたら相手は
どう反応するかなとか
考えながら書くということです。

 

 

 

何も考えず一方通行のメールは
相手に気持ち伝わりません。

 

 

 

相手を意識する。
これが絶対条件です。

 

 

 

ただの文章ではないのです。
業務連絡とかは別ですけど。

 

 

 

相手に何か伝えたい意思があるなら
しっかり考えた文章を書くということです。

 

 

 

ただ、いい表現ないかなとか
調べたりしながら書くのは辞めた方がいいです。

 

 

 

いい表現見つかったら
その表現コピーしちゃいますから。
その時点で自分の言葉じゃなくなりますからね。

 

 

 

文章書く時は頭の中だけで構成する
これが大事だと思います。

 

 

 

そうすると自分の頭の中にある言葉しか
絶対出てこないですから。

 

 

 

最近僕はこの方法です。

 

 

 

この方が気持ち伝わる文章書けると思います。
オリジナリティも出ると思います。

 

 

 

コピペ文はダメですよ。
ラクで、いい表現もありますけどNGです。

 

 

 

僕も前はコピペ文をブログに貼ってましたけど。
いい反応取れなかったです。

 

 

 

やっぱ自分の言葉って力あると思いますよ。

 

 

 

頭の中だけで構成した結果
他の人と似たような文章出来るのはしょうがないと思います。

 

 

 

でも、それは結果論ですから。
初めからコピペしたのとは訳が違います。
たまたまかぶったというだけです。

 

 

 

一字一句同じはありえないですから。
全然気にすることないと思います。

 

 

 

コピペしないで書き上げたという方が
あきらかに大事ですから。

 

 

 

メールで相手に気持ち伝えるには
何をどう相手に伝えるか?を意識し
自分の言葉で反応してもらえる
手紙のような文章を書く。

 

 

 

これを忘れないで下さい。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。