マンガは結構良いこと言うんです、これがまた。

2012 12月 03 日記 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

こんばんは!ザッタです。

 

マンガ喫茶って行くことありますか?

 

ザッタは、きのうマンガ喫茶行ったんですけど

月1ぐらいで行くんですよね、マンガ喫茶に。

 

まあ、そこでブワーッと一気にマンガを読みまくるわけです。

毎月、読んでるマンガ雑誌や気になったマンガを数時間の間。

 

で、そのブワーッと読んだマンガの中で心に響いたというか

「おっ」て思って携帯でメモったフレーズをいくつか

ザッタが何故そう思ったのか含めて紹介しますね。

 

マンガは結構良いこと言うんです、これがまた。

では、始めます。

 

・負け惜しみの何が悪い、負けを惜しむというのは
それだけ勝ちへの執着があればこそである。

 

負け惜しみって何か悪いイメージないですか?

 

でも、こう聞くと

負け惜しみ言うってことは悔しいからであったりとか

それだけ勝ちへの執着を持ってやってたということでバカには出来ないなと。

 

「負け惜しみ言いやがって」とか言うけど

負け惜しみを言うことは恥ずべきことじゃないと思いました。

 

・競争という以上、そこにはやはり勝ち負けが存在するんだから。

 

ビジネスは、厳密に言えば勝ち負けという判断基準ではないのかもしれないですが

競争であることは間違いないのだから、そこにはやはり勝者と敗者が存在するのだろうなと。

 

ビジネスの世界はキレイごとだけではどーにもならないですからね。

 

・負けること、言い訳して逃げることに慣れ、ろくに反省もせず
自分勝手なこと言ってるようじゃダメ

 

やっぱ、言い訳して逃げることに慣れるというのはあるなと。

特に何か始める前に言い訳してやらないことありますね。

そういう時って反省しないですからね、大抵。

 

自分に都合のいい言い訳って、すぐ思いつくんですよね、何故か。

ホント、あーそうだなと納得しましたね。

 

・やらなきゃ後悔もできない。

 

これは何だろうな、後悔したくないからやらないのに

後悔する方が価値高いみたいな感じですよね。

 

後悔の数も成長につながるのかなと考えさせられました。

 

・達成できるまでの執念って大事。

 

執念って何か恐いイメージあったけど

石にかじりついてでもじゃないけど、こういう気持ち

強さを感じますよね、執念って。何がなんでもみたいな。

 

目標を立てた場合は、こういうガムシャラ感が必要なんです、きっと。

 

・転んだら学習する、壁に当たれば成長する。

 

こう思えたら、どんなに良いか。

でも、稼げるまではそういうことだったんだろうなと。

経験値の話ですね、これは。

 

転んだからこそ学習できたことがあり、壁に当たって乗り越えたからこそ成長できたんだと。

 

・真面目に勉強すればやりたいものを見つけやすくなるってこと。

 

この言葉で、勉強することの価値っていうのが、わかった気がしました。

これが、何で勉強するんだろうと考えた時の答えなんだろうなと。

 

勉強っていうか色々と学ぶことが重要ですよね、やっぱり。

 

・他人のせいにし愚痴を吐けば気休めにはなる、ただ真の解決策にはならない。

 

たしかに気休めにはなるけど、問題は残ったままで

これも言い訳して逃げてることってことなのかなと思い当たりましたね。

 

 

ま、こんな感じで

マンガから影響を受けることも多いわけです、ザッタは。

 

勉強するって意識でマンガ読んでるわけじゃないですけど

結果的に勉強になってる部分があるわけです。

 

なので、マンガを読むことで得られる知識もありますよって話です。

マンガ読むのも良いですよ、たまには。

 

思わぬ自己成長のきっかけになることもありますから。

 

ではまた!

 

«  マンガは結構良いこと言うんです、これがまた。  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。