プライドと見栄の先にあるもの

2012 11月 14 マインド 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

どうも、朝食にヨーグルトを食べるザッタです。

 

プライドってありますか?

それは意味あるプライドですか?

見栄から来るプライドじゃないですか?

そもそもプライドって何かって話になるんですけど。

 

日本語で言うと誇りですけど
もうプライドの方が浸透してますよね。

 

最近はプライドが高い低いは
悪い意味で使われますよね。

 

あいつはプライドが高い
あいつはプライドが低いなど

 

高くても低くてもダメみたいな(笑)

 

プライド持って仕事とか
良い意味でも使われますけど
ほぼ悪口みたいになってますよね。

 

見栄から来るプライドってありますよね?

 

例えば周りの人にこう見られたくないから

意地はっちゃってるパターンや

逆にこう見られたいから

無理して高価な物買っちゃうみたいな。

 

やってもいないのに
過去の成功があるからか
俺にはこんなこと出来ないって
妙なプライド持っちゃってるパターン。

 

これらのプライドが
いい方向に作用するって
ほとんど無いですよね。

 

人の目、世間体って

やっぱ気になりますよね。

 

人のことなんか気にするなと
よく言われますけど
難しいですよね。

 

無くしていいプライドと
持ってた方がいいプライドもありますし。

 

ザッタはプライドって言葉よりも誇りの方が
価値高い気がします。

 

プライドは捨てても良いけど

誇りは捨ててはいけないって感じですかね。

 

誇りを持ちつつ
ちっぽけなプライドを
捨てられればいいんですけど。

 

僕は何かプライドと変な意地を

捨てられずに立ち止まること多いですね。

 

立ち止まるって一番ダメだと思うんですよね。

行動しないってことですから。

 

すぐ見返りとか先に何か見えてないと
行動できないんですよ。

 

行動の後にすぐに結果が目に見えないと
立ち止まるんですよね。

 

例えるなら
人参ぶら下げられた馬みたいな状態なら
行動できるんですよ。

 

目の前に褒美がありますからね。
走れるわけです。

 

でも長続きはしないですよね。
人参に飽きたら終わりですから。

 

人は何を目的にすれば
長期間1つのことを継続できるのだろうか?

 

好きということだろうか?

 

どうしても目標を達成したい
覚悟だろうか?

 

後がないという状況だろうか?

 

ただ、好きだけでは乗り切れない
ことがあるというのは実感しましたけど。

 

ザッタが言えることは、1つのことに集中して結果を出すには
捨てられるものは捨て逃げない覚悟を
するということでしょうね。

 

ではまた明日。

 

«  プライドと見栄の先にあるもの  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。