ネットビジネスの収益モデルとは何か?

2012 5月 05 日記 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

大きく分けて4つあります。

 

 

コンテンツ型ビジネス
コンテンツを提供することで大量のアクセスを集めることを
目的としたビジネスモデルです。

 

 

ポータルモデル
インターネットが普及した結果、瞬時に大量のアクセスを
集めることが可能になったようです。
このモデルの典型的なスタイルがポータルサイトです。

 

 

電子商取引
インターネットを使えば、双方向にコミュニケーションできます。
この利点を生かして、メールマガジンで直接、消費者や取引先企業に広告し、
ウェブサイトに誘導すれば、見込み客を集客でき、
また商品やサービスを販売するビジネスモデルです。

 

 

ポイントサイト
近年多く見られるサービス形態の一つです。
サイト内に掲載されているスポンサーサイトを利用することにより、
サイト内で使用できるポイントが貰え、そのポイントを一定額貯めると
貯めたポイントを現金、商品券、ウェブマネーもしくは他のポイントなどに
交換出来るサイト形態モデルです。

 

 

「コンテンツ提供型のビジネス」とは何か、これはインターネット上で音楽や映画、
アニメ、ゲーム等のコンテンツを提供して、より多数の人に見て貰ってアクセスを集める、
こういうビジネスモデルの事です。
最近では、このコンテンツ提供型のビジネスは大きく衰退していっているようです。

 

 

アクセス集めるだけでお金になってた時代もあったようです。

 

 

「ポータルモデル」とは、最近ではインターネットが著しいスピードで普及した為、
一瞬にして多数のアクセスを集める事が可能になったようと言うのは、
インターネットを利用する際には、大部分のユーザーは
最初にポータルサイトへのアクセスを行ないます。

 

 

従ってこのポータルサイトに広告を貼れば、
巨額の広告収入が獲得出来るという訳です。

 

 

このポータルモデルの代表例としては、有名なYahoo!やGoogle等の
検索エンジンが挙げられます。

 

 

有名検索エンジンはポータルモデルってビジネスモデルだったんですね。

 

 

「電子商取引」とは何か、インターネット上で行なう商取引の事です。
現代では自宅に居ながらにして、インターネット上でショッピングが楽しめるし、
相手と直接会わなくても電子メールで連絡の交換が出来て、
インターネットで支払いさえも済ませる事が出来ます。

 

 

今ではこのインターネットを活用しての宣伝・販売が可能な時代になったのです。
あるいは、メールマガジン等をユーザーに直接メールする事により、
企業のウェブサイトを経由してショッピングに誘導する事も可能となりました。

 

 

ネットで出来る様々な取引を全部まとめて電子商取引っていうんだと知りました。

 

 

あと、今はオンラインゲームの継続課金システムやアイテム課金システムとかが
流行ってますよね。

 

 

今回の勉強でネットビジネスの収益モデルが、ある程度は頭に入りましたね。

«  ネットビジネスの収益モデルとは何か?  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。