コピーライティング力を向上させるには

2012 5月 12 テクニック 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ザッタ

コピーライティングはターゲットの反応の上がる言葉
上がらない言葉っていうのをテストする必要があるようです。

 

 

 

テストの結果、こっちの方が良かった、こっちは悪かった
で、反応の良い方を採用していくのです。

 

 

コピーライティングでは感性を論理に変更します。
感性・感情を論理的に文章で表現するのです。

 

 

感性そのまま表現すると誰にも理解されないことがあります。
感性を理解してもらうために論理的な文章にする必要があるのです。

 

 

独りよがりの自分勝手な表現を
論理的に誰でも理解できるような形で表現していくということです。

 

 

コピーライティングで伝える時には
ひとつのメッセージをひとつのマーケットに伝えるのが基本です。

 

 

これが出来てないと相手が混乱します。
一本軸を作るということです。

 

 

コピーライティングで伝える対象は一人です。
一人に向かってメッセージを発信するということが大切です。

 

 

 

フレーズにも気を遣います。
相手が普段使っているフレーズを使うということです。

 

 

より伝わり理解してもらうために使います。

 

 

 

そのためにリサーチが必要なのです。
リサーチによって意外なフレーズが出てくる時もありますから。
で、その意外なフレーズにターゲットの反応が上がるのです。

 

 

そういうフレーズをたくさん見つけることが大事です。
で、それを散りばめると効果も上がります。

 

 

 

これらを意識した生活を送るだけで
コピーライティングで伝える力が身につき
結果を変化させます。

 

 

もちろん、良い方に変化させますよ。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。