わかりやすい文章を書くポイント

文章の書き方を勉強した教材 → こちらの記事

 

わかりやすい文章を書くポイントはいくつかあります。

 

 

まずイメージしやすい言葉を使うということです。

 

 

抽象的な表現ですが
簡単な言葉というか相手が絵を浮かべやすい言葉
相手の想像力をかき立てろってことだと思います。

 

 

相手に絵を浮かべさせるというのは
あーとか、すごっ!とか、そういうことだったんだ、など
より深く理解してもらうのに重要です。

 

 

次は例をくどく出すということ。

 

 

これはわかりますよね。
例があったほうが相手に伝わりやすいですから。

 

 

しつこいかなってぐらいに
同じことを例を変えて説明するのが良いみたいです。

 

 

伝えたいことは一緒なんだけど
伝える切り口を変えたりするということです。

 

 

どう言えばいいんだろう
具体例を出したいんだけどうまく出てこないな。

 

 

例えばこの商品良いですって紹介する場合に
良いって事を伝えるのは一緒なんだけど
こうだから良い、こういうのもあるのが良い、こういう状況に良いもありだと思います。

 

良いというのことをいろんな角度からアピールするということです。

 

 

これもまだ抽象的ですけど
具体的に例をあげて説明するってことが大事です。

 

 

とにかく1つのことを1つの見方だけで説明してはいけないということです。

 

 

 

あと文章の始めと終わりに同じ話を持ってくるということ。

 

 

つまり、結論を始めと終わりに持ってくるということです。
理由は、人は最初に読んだこと読み進める内に忘れちゃうんでしょうね。きっと。

 

 

あー、でもこうやったら一番伝えたい事は
はっきり浮かび上がらせることによって伝わるのかなと。

 

 

これはテクニックって感じがします。

 

 

ちょっとだけわかりやすい文章を書くコツが分かった気がしますね。

 

 

こういうのを意識して文章を組み立て
ターゲットに自分の思いを伝えるということが
わかりやすい文章のポイントです。

«  わかりやすい文章を書くポイント  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。